記事一覧

勉学

目的によって費用が異なる

セブ島の留学費用は、語学だけを目的にするか、語学とリゾートの両方を楽しむかによって費用も違います。語学だけに特化するなら、1ヶ月20万円程に抑えることができますが、リゾートも楽しむ場合は、30万円以上見積もっておいたほうが良いでしょう。

男女

費用を抑えるコツ

セブ島留学は、欧米への留学よりも費用が安いという理由で人気があります。しかし、工夫次第でさらに費用を抑えることが可能です。方法としては、大部屋を選ぶ、マンツーマンレッスンの数を減らす、3食付きの寮に滞在するなどがあります。

アルファベット

3ヶ月で日常会話を習得

セブ島留学は、語学留学と観光が融合した新しいタイプの留学として人気があります。語学が上達するまでの期間は、日常会話がスムーズに行えるようになるまでに3ヶ月、ビジネスに使えるまでになるには半年から1年とされています。

勉強道具

費用を抑えてスキルアップ

近年、セブ島での留学を選択している日本人が増えています。その理由として、留学にかかる費用が欧米諸国への留学に比べて安いことや、マンツーマンでの授業や長い授業時間など、英語をじっくり学べる環境が揃っていることがあげられます。

飛行機

学校選びが大切

セブ島留学の初心者は、早く英語が上達したいとEOPをポリシーとする学校を選んでしまいがちですが、英語力がない人は、日本語の教科書を使ったり、日本語講師のいる学校の方がおすすめです。自分に合ったレベルの学校を選ぶようにしましょう。

1週間から入学できる

教材

治安が良く安心

英語の語学留学といえば、アメリカやイギリス、オーストラリアなどの英語圏の国に行くのが主流でしたが、近年はセブ島へ留学する人が増加しています。人気の理由は、欧米と比べて留学費用が安いことが一番ですが、それ以外にも多くの要素があります。まず、セブ島を含むフィリピンの人々は、南国特有の陽気な国民性であるため、非常にフレンドリーです。そのため、レッスンでも講師とのコミュニケーションが取りやすく、グループレッスンにおいても積極的に参加できることがあげられます。次に、セブ島留学は最短1週間からできるのも、人気の理由と言えます。留学といえば最低でも1ヶ月の滞在が必須となりますが、セブ島の語学学校は1週間から入学することが可能なので、長期の休みが取れない人でも行きやすいのが特徴です。そのため、リピーターも多く、短い留学を繰り返し、英語のスキルアップをしている人もいるようです。そして、セブ島は夜でも女性が一人で歩けるぐらい、治安が良いこともあげられるでしょう。日本の治安は世界でもトップレベルであるため、日常生活において危険と隣り合わせというシチュエーションはほとんどありません。セブ島はリゾートアイランドでもあるため、日本と同じような感覚で滞在でき安心です。このように、セブ島留学は料金面だけでなく、多くの人を引き付ける様々な魅力があります。1週間や2週間の休暇を利用して、セブ留学してみるのも良いでしょう。